もどる
第239回企画展示
森田文庫絵図でみる加賀・能登・越中(2)
期間:平成29年11月1日(水曜日)から12月27日(水曜日)
場所:閲覧室(3階)

 石川県立図書館では、石川県の歴史研究に必要でありながら、今日まで未刊、あるいは散逸のおそれのある資料を、『石川県史資料』として継続的に刊行しています。現在は『石川県史資料 近世篇』の刊行を進めており、これまで加賀藩士の系譜を収めた「諸士系譜」、白山の地誌である「白山史図解譜」など、本県の歴史研究に関わる資料を刊行してきました。
 今回の展示では、第231回展示で紹介した『石川県史資料 近世篇(15) 森田文庫絵図選(一)』(平成28年3月刊行)に引き続き、本県の郷土史家である森田柿園(もりたしえん)(1823-1908)らが収集・書写した史資料群「森田文庫」(当館所蔵)の中から、平成29年2月刊行の『石川県史資料 近世篇(16) 森田文庫絵図選(二)』に収録された絵図のうち、加越能三か国に関わる絵図の原本を一部展示します。
 展示を通して、近世絵図の魅力を感じていただくとともに、当館所蔵の歴史資料に親しみを持っていただければ幸いです。

展示資料:PDF版(1.33MB)