もどる
第245回企画展示
弥郡文書
〜 県指定文化財 〜
期間:平成30年11月1日(木曜日)から12月27日(木曜日)
場所:閲覧室(3階)

 『弥郡文書(いやごおりもんじょ)』とは、中世後期に能登国鳳至郡志津良荘大沢村(現輪島市大沢町・上大沢町付近)の地頭であった弥郡氏に伝来し、昭和57年(1982)1月12日、県の有形文化財に指定されました。『弥郡文書』は、 中世後期の 200 年余に及ぶ弥郡氏の足跡を伝えており、石川県立図書館 の史料編さん室で編纂・刊行している『加能史料』にも、収録されています。
 当館では、この度、『弥郡文書』をこれまで所蔵されていた故本西武氏のご遺族から、寄贈されたのを受けまして、県民の皆様に一般公開いたしますと共に、『加能史料』も含めた『弥郡文書』の関連書籍も紹介します。
 本西氏のご遺族の方々に対しては、この度寄贈されましたことに、心より感謝申し上げます

展示資料:PDF版(804KB)