もどる

第208回企画展示

「石川の鉄道 〜北陸本線100年〜」

平成25年9月12日(木曜日)から10月30日(水曜日)


鉄道イラスト画像



展示によせて

 米原駅〜直江津駅間を結ぶ北陸本線は、日本海側を縦貫する鉄道路線であり、大正2(1913)年に全線開通しました。今年は北陸本線全線開通から100年にあたります。
 そこで、北陸本線100年にちなんで石川の鉄道に関する資料を展示いたします。現在、県内を走る鉄道路線は、JR、北陸鉄道石川線・浅野川線、のと鉄道のみですが、大正期には私鉄として多くの路線が建設されました。なかには観光地への交通手段として親しまれた路線もあり、このような様子は昭和40年代まで続いていましたが、その後廃線が相次ぎました。
 今回は、列車の写真や時刻表といった北陸本線に関する資料、私鉄の路線図や観光地への案内といった、かつての様子を伝える資料をご紹介します。なお、石川県立歴史博物館から実際に石川の鉄道で使われた方向板などの5点の貴重な資料をご提供いただきました。
 どうぞ、お楽しみください。

場所石川県立図書館 閲覧室(3階)
対象県民のみなさん
参加費無料
展示目録PDF版:777KB