もどる
第224回企画展示
青森と石川 北前船がつなぐ文化と交流
期間:平成27年10月31日(土曜日)から12月27日(日曜日)
場所:閲覧室(3階)

 本展示は、青森県内6つの図書館と金沢市立金沢海みらい図書館、加賀市立中央図書館および当館が共催で行なう観光PR展示です。
 青森には北前船の豪商として活躍した銭屋五兵衛の拠点がありました。北海道・青森との取引があり、材木などが搬送され、加賀宮腰(現在の金沢市金石)と密接な関係にありました。今回の展示では、北前船に関連した資料と青森ゆかりの資料を紹介します。
 北前船は、江戸から明治にかけて西廻り海運に就航した買積み船です。買積みとは、船主が買い入れた積荷を販売しながら運ぶ方法で、北海道や北陸方面の物資を、日本海から下関を回り大阪へ運びました。西国では塩・酒などを仕入れて北陸・北海道で売り、北陸・北海道からは昆布やニシン、魚肥などを買い入れて西国で売りました。
 展示資料をとおして、青森の魅力にふれていただき、足をお運びいただければ幸いです。

展示資料:PDF版(489KB)