もどる
第230回企画展示
ビアトリクス・ポターの愛した風景
期間:平成28年7月30日(土曜日)から8月31日(水曜日)
場所:閲覧室(3階)

 うさぎたちが活躍する手のひらサイズの絵本に夢中になったことはありませんか。ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターは1866年にイギリスで生まれました。ヴィクトリア朝時代の厳格な家庭で育ち、外出もままならなかったポターですが、家の中でうさぎやトカゲなど様々なペットを飼い、観察やスケッチに没頭しました。また、休暇に訪れたスコットランドや湖水地方の自然も彼女の創作に大きな影響を与えました。
 今年はポター生誕から150年の年です。このことにちなんで、「ビアトリクス・ポターの愛した風景」と題して、展示を行います。ポターが知人の子どもに送った、ピーターラビットの絵本の原型である絵手紙の復刻版や、熱心に支援した、自然や歴史的環境を保護する活動を行っているナショナル・トラストに関する資料などを展示します。出版から100年以上の時を経た現在でも、世界中で愛されている絵本誕生のバックグラウンドとも言える美しい風景の数々をご覧ください。

展示資料:PDF版(510KB)