ISHIKAWA PREFECTURAL LIBRARY
いし かわ −石川県立図書館報−







  。








  、















殿


  。








 














「図書館の使命」
閲覧課  

 図書館は、紀元前から人間の歩みを記録してきた文献の 保管場所としてつくられ、三千年以上にわたる長い歴史が あります。古代の図書館の多くは、支配者層のために存在 したもので、様々な素材に記録された資料は公文書が中心 でした。その後活字印刷術の発明で紙を中心に扱う図書館 が現れましたが、それは修道院や大学など限られた人たち が利用する図書館でした。
 近代に入り、会員制や公立の市民のための図書館が設立 され、時代の知的成果を図書のかたちで収集・保存し、利 用する今日の図書館に近いサービスが展開され始めました。
 現代では、図書は勿論、CD−ROMやフロッピーディ スクなどを利用した電子化された出版物を収集し、データ ベースを駆使する新しい情報サービスを行う図書館も多く 見受けられます。
 県立図書館の閲覧カウンターにも、これらの資料や情報 を必要とする、幼児からお年寄りまで幅広い利用者が訪れ ています。生きがいを求めて、生活や仕事に役立つ情報を、 学術論文作成の参考又献を、趣味や余暇の活用に、など 様々な目的の方々に利用されています。また、当館では、 三月二日から図書館情報をインターネットに開放しました。 このことは、国内外の人々や図書館が各種情報を由由に、 容易に、しかも世界規模で受発信できる、情報ネットワー クに仲間入りしたことになります。
 図書館の使命は、人類が創り出す知的資産を、現代人は もとより次世代人へ引き継ぐことであります。新世紀を間 近にし、人類の進歩・発展のため、図書館がどのように関 わっていくのか、図書館の未来を全世界的な視点で考えて いきたいと思います。
1999
No.266
平成11年3月
編集・発行

石川県立図書館
〒920-0964 金沢市本多町3−2−15
TEL:076(223)9581
FAX:076(222)2531