石川県立図書館のホームページへようこそ。蔵書検索や本の貸出予約がご利用いただけます。

本って楽しいよ!−家庭読書のすすめ−
平成21年度分
平成18年 /  平成19年 /  平成20年 /  平成22年 /  平成23年 /  平成24年 /  平成25年 /  平成26年 /  平成27年 /  平成28年 /  平成29年

  • 小学生(低学年)向き
  • 雪の日のたんじょう日
    ヘレン・ケイ/作 バーバラ・クーニー/絵 あんどう のりこ/訳 長崎出版 2008年
    スティーブンの「誕生日に一番ほしいものは雪なんだ」という願いは、大雪となって叶えられました。でも、その大雪のために、スティーブンが楽しみにしていた誕生日は思いがけない一日となっていきます。やさしく落ち着いた色調の絵が物語の暖かさを伝えてくれます。

  • てとてとてとて
    浜田 桂子/作 福音館書店 2008年
    遊び道具になったり、気持ちを伝えたり・・・。ふだんは特別に意識しない「手」の役割が、元気あふれる絵とリズムのよい文でつぎつぎと紹介されている楽しい絵本です。手話や点字についても記されていて、家族みんなで読みたい一冊です。

  • やかましい!
    シムズ・タバック/絵 アン・マクガバン/文 木坂 涼/訳 フレーベル館 2008年
    おじいさんの小さな古い家のお話です。ベッドがキーキー、床はミシミシ、葉っぱがヒュンヒュン、ヤカンもシューといい、やかましくてたまりません。困ったおじいさんが物知り博士に相談すると、ウシと一緒に暮らせば良いと言われます。さて、静かになるのでしょうか?

  • 小学生(中学年)向き
  • どうなっちゃってるの!?クレメンタイン
    サラ・ペニーパッカー/作 マーラ・フレイジー/絵 前沢 明枝/訳 ほるぷ出版 2008年
    クレメンタインは、小学校3年生の女の子。思ったまま行動する彼女は、学校ではしょっちゅう叱られる「手のかかる子」です。でも、両親は彼女の行動を理解し、信じ、そして愛しています。子どもだけでなく、子どもを持つ大人にも読んでほしいお話です。

  • ありのフェルダ
    オンドジェイ・セコラ/作・絵 関沢 明子/訳 福音館書店 2008年
    陽気で明るいありのフェルダは、器用で注文があればなんでもする「なんでも屋」。恋をしたり、災難にあったり・・・。虫たちの挿絵がたくさんあってページをめくるのが楽しくなる本です。フェルダは、チェコでは国民的な人気者だそうです。

  • なぜ戦争はよくないか
    アリス・ウォーカー/文 長田 弘/訳 ステファーノ・ヴィタール/絵 偕成社 2008年
    人間にとって一番大切なものは何なのかが、力強い絵で淡々と語られています。その大切なものを失っていくのは、戦争をおこした人ではありません。何も知らない虫や動物、そして普通に暮らす人たちです。そんな戦争の恐ろしさを静かに教えてくれる本です。

  • 小学生(高学年)向き
  • エマ・ジーン・ラザルス、木から落ちる
    ローレン・ターシス/作 部谷 真奈実/訳 主婦の友社 2008年
    エマ・ジーンは、ミドルスクール7年生の女の子。同級生たちのどたばた生活から一歩引き、学校で浮いていた彼女が、ある日トイレで泣いているコリーンに助けを求められます。コリーンの問題を解決してあげようと思い立ち行動に移しますが、問題はさらに大変なことに・・・。

  • 翔太の夏 秘密の山のカブトムシ
    那須 正幹/作 スカイエマ/絵 旺文社 2008年
    現在は自然に親しむことが難しく、田舎の里山に出かけなければなりません。この物語も、東京から自然豊かな奥地町に転校してきた翔太が、高森神社の裏山へ友人とカブトムシを探しに出かけます。本文中のスカイエマのイラストも見逃せません。物語と一緒に楽しんでください。

  • カワセミ 青い鳥見つけた
    嶋田 忠/文・写真 新日本出版社 2008年
    カワセミは、「青い宝石」といわれるとてもきれいな鳥です。空中から、川の中を泳いでいる魚を目にもとまらぬ速さで捕ります。この本は、なかなか見ることのできないカワセミの生態を写した写真集です。水の中で魚を捕らえる瞬間の貴重な写真なども載っています。

  • 中学生向き
  • あの犬が好き
    シャロン・クリーチ/作 金原 瑞人/訳 偕成社 2008年
    「いやだ、だって女の子のもんだよ、詩なんてさ。男は書かない。」と決めつけていたジャックは、少しずつ詩の楽しさに目覚めていきます。思春期のみずみずしい感性で選ばれた言葉が鮮烈です。巻末に引用された詩が紹介され、物語と比較しながら楽しめます。

  • ビーバー族のしるし
    エリザベス・ジョージ・スピア/著 こだま ともこ/訳 あすなろ書房 2009年
    1768年、森へ引越しする父さんと家族がもどるまで、マットは、丸木小屋を作ります。森で一人暮らしをするうちに、インディアンと出会い、狩りや釣り、言葉を教えあいます。現代から抜け出した大自然の中で起こる、大冒険の海外歴史物語です。

  • 夢の彼方への旅
    エヴァ・イボットソン/著 三辺 律子/訳 偕成社 2008年
    20世紀初頭、両親を交通事故で亡くし、ロンドンの寄宿学校で暮らすマイアは、ブラジルに住む親戚のもとへ引き取られます。ところが、そこは暖かい家庭ではありませんでした・・・。アマゾンの大自然に魅入られ、人生という冒険の旅を始める少女を描きます。

石川県立図書館 〒920-0964 金沢市本多町3-2-15 電話:076-223-9565 FAX:076-222-2531