【4月27日】芥川賞作家・九段理江さんトークイベント 「石川県とわたし」

九段理江さんトークイベント_チラシ
新芥川賞作家の九段理江さんは、石川県に深いゆかりと思い入れのある作家です。小説家デビュー前の数年間を暮らし、初めて文学賞への原稿応募を志した土地です。
今回、芥川賞受賞後初めて石川県を訪れ、土地への想いを語ります。
チラシはこちら(pdf 597kb)
開催概要
開催日 2024年4月27日(土)
時間 14:00~15:30
会場 だんだん広場
定員 140名
申込 要申込、先着順
お申し込みはこちらから
イベント申込みについて
注意 講演会の後にはサイン会を予定しています。
・サイン対象は作家の著作物にかぎります。
・必ず為書きをお入れするため、あらかじめ宛名をご用意してお並びください。
・「握手」および「作家との撮影」は不可とさせていただきます。
・当日は会場でも書籍の販売があります。
以上、限られた時間内にすべての方にサインをお入れするため、スムーズな進行にご協力をお願いいたします。
作家プロフィール 1990年、浦和(現さいたま)市生まれ。大学卒業後、2014年ごろに金沢市に移住。専門学校で小論文添削の講師を務め、古書店オヨヨ書林新竪町店でアルバイトした。能美市でも暮らし、小説を書き始めた。21年、「悪い音楽」で第126回文学界新人賞を受賞しデビュー。23年、『Schoolgirl』で第73回芸術選奨文部科学大臣新人賞、「しをかくうま」で第45回野間文芸新人賞、24年「東京都同情塔」で第170回芥川賞を受賞。著書に『Schoolgirl』『東京都同情塔』『しをかくうま』がある。
1階(屋内):だんだん広場
フロアマップ 1Fだんだん広場
  1. トップページ
  2. EVENT イベント・企画展示
  3. 2024年度のイベント
  4. 【4月27日】芥川賞作家・九段理江さんトークイベント 「石川県とわたし」